秋シーズン、大健闘!

11月17日(日)、我がブロンコスは春秋 東日本大会連続出場を懸けた、プライマリーオレンジの試合でした。

今回の相手チームは、春シーズンでも東日本大会出場を懸けて対戦した強豪チームです。春の雪辱を果たそうと相手チームも猛烈に攻撃を仕掛けてきます。

我がブロンコスは、体も一回り大きな3年生チームに対して果敢に挑み、前半遂にランで先制点を挙げます!
しかしその直後のシリーズで逆転を許してしまい、6-7で前半終了。

後半に入ってからも、両チーム一進一退の激しい攻防を繰り広げます。

冬の寒い日の練習、暑い真夏の練習、雨の日は高速道路下という、恵まれない環境の中でも、みんなで力を合わせて頑張ってきました。

追加点をなんとかもぎ取ろうとしますが、流石に相手も強く、中々うまく行きません。
そんな中、相手が追加得点し、6-13。

焦りも見え始め、ミスも出始めてしまいます。

がんばれ!
ブロンコス!
最後まで諦めるな!

 

 

 

 

 

しかし、、必死の攻防もむなしく、遂に試合終了。6-13という、ロースコアゲームでの敗退でした。

試合後には悔しくて涙する選手もいます。
東日本大会出場は叶わなかったけれど、今日の負けで得た悔しさは、みんなの大きな成長に繋がると思います。

今シーズンのブロンコス公式戦は終わってしまったけれど、選手一人一人が本当に輝いたシーズンでした!

6年生はブロンコスで得られた経験を活かして、中学校生活を大いに楽しもう!
1年から5年生は来シーズンに向けて、今からスタートしよう!

 

 

 

 

 

以上、蔵sオヤジでした。