自主練の効果

ブロンコスの中にあって、弱小グループ(コーチ含め3名)の和光組ですが、

 

シーズンインに向けて盛り上げて行こうと、自主練を始めたところ、思わぬ

 

収穫がありました。

 

メンバーの1人(カナエ)の友人とその弟が、自主練開始当初からメンバーに

 

加わり、自主練場所(公園)で遊んでいた見ず知らずの子が加わり、知らぬ間に

 

数人のジシュレンジャーが結成されました。

 

まずは、つかみを、ということで、シッポとり、フラッグとりを行いましたが、カナエの

 

友人とその弟は、レスリングの経験者ということもあり、人の動きに対する反応が

 

すばらしい。スポーツのジャンルは違えど、培ったキャリアはすばらしい、と感じ

 

ました。見ず知らずの子も、パスキャッチを行うごとに、とてもうれしそうにしており、

 

このような草の根的な行いを通じてフラッグの楽しさを広げられればいいな、と実感

 

した自主練でした。

 

木村 @プライマリー