試合観戦

プライマリー(3年生チーム)の応援にたくさんのメンバー、保護者が来て下さいました。きっと、選手達も大いに勇気付けられたことでしょう。

 

昨秋のプライマリーのプレーオフの時もそうでしたが、自分の子供が出ているわけでもないし、兄弟姉妹が出ているわけでもないのに応援に駆けつけてくれる人の多いこと(東伏見だったことも大きいでしょうが...)。これが、ブロンコスの良いところです。ぜひ、みんな真似をして欲しいな。

 

試合は、残念ながら惜敗でしたが、相手は優勝チーム。19日の練習では胸を張って、結果報告して下さい。

 

プライマリーの盛り上がりを横目に見つつ、キディのコーチとしてはちょっぴり残念に感じたことがあります。

 

同じグラウンドでは、キディの試合もやっていました。でも、応援にきていたキディの選手のほとんどが、(私の目が届く限り)見向きもしなかったようです。私は、プライマリーの試合が終わってから、松本コーチ、澤田コーチとワセダVS富士通Bの試合を見ていました。その後引き続いて、優勝した富士通AとRFCの試合も。特に、RFCは予選でキディが0点に抑えられたチームです。みんな関心があるだろうと思い、何人かの選手に声をかけたのですが、結局観戦していたのは、アキフミだけでした。

 

みんながワセダグラウンドに来たのは、プライマリーの応援のためだということはわかっていたので、強制はしませんでした。でも他のチームの試合をゆっくり見る機会は、そんなにはありません。当日きていたキディの選手は、もったいないことをしたと思って欲しい。そして、次にこんな機会があったら、進んで試合を見るようになって欲しい。(最後はちょっとグチでした)

 

キディ>八百